まさみのダイエットラボ

ダイエット挑戦日記。お役立ちグッズやダイエット食品の紹介などもあります。

セルライトができる原因

脂肪細胞に老廃物が結びついてできるセルライトですが、原因としていくつかあげることができます。
ではその原因とはどのようなものなのでしょうか。

まず1つ目は食生活と運動不足です。
運動不足が代謝を悪くするのは周知の事実。
また、高カロリーのものをたくさん食べることによって、脂肪細胞を増やすこととなり、血行不良を引き起こします。
便秘や消化不良も食生活の乱れとなりますので、注意が必要です。
高カロリーのものをたくさん食べて運動をしないとなると、セルライトがどんどん増えていくことがお分かりですね。

2つ目は代謝やホルモンバランスの変化。
ホルモンの中でもエストロゲンやプロゲストロンがセルライトを作る原因といわれています。
女性は妊娠・出産や更年期など女性ホルモンのバランスが変化するので、その時にセルライトかできやすくなるのです。
精神的なストレスも自律神経の乱れとなり、セルライト発生の原因となります。

次に3つ目として冷えがあげられます。
夏の間の冷房や体を冷やす食べ物や飲み物を摂ること、そしてシャワーだけの入浴…。
このような生活を続けることによって、冷え性となることもセルライトの原因となります。
冷え症になると血液やリンパ液の流れが悪くなり、脂肪を燃焼させるホルモン物質か隅々まで行き渡らなくなります。
そうすると皮下脂肪が増え、リンパ管が圧迫されて循環が悪くなるという悪循環が生まれることにより、セルライトが悪化するのです。

最後、4つ目は加齢によるものです。
セルライトは年齢を重ねることによってできやすくなるため、老化現象の一つとも言われています。
代謝が悪くなったり、筋力が衰えてくるからです。
筋力が衰えてくると脂肪を支えることができなくなり、たるみとして体に出てきます。
そうすると血管やリンパを圧迫させてセルライトの誕生を促すこととなります。

このようにセルライトができる原因はさまざまです。
セルライトに悩んでいる人の中にはいくつかの原因が合わさっている人も多くいます。
これらのセルライトを解消するには、セルライトランキングなどを参考に、ダイエットエステに行くのが一番です。原因を見つけてセルライトを撃退していきましょう。